HOME>ホットトピックス>一度きりではなく、顧客に接触を続けていく

目次

一回で終わらせない

フライヤー

企業が収益を連続して確保し続けたければ、ダイレクトメールを作ると同時に顧客に送って接触を図る必要があります。なぜならば、既に製品やサービスを使った顧客に新たな案内を行って購買意欲を喚起させて再び購入してもらうためです。もちろん、既に抱えている顧客以外にも新規の利用者を獲得して販路を広げて収益の拡大を図るのもありですがそれだけに止まらせてはいけません。

既存客に触れ続けるメリット

男女

既存の顧客にダイレクトメールを通じて新たな製品やサービスを告知し、利用してもらうとさらに利益を手に入れられます。このように、既存の利用者と新規客を併せると収益の柱が増える結果にもなって経済的にメリットとなります。

どのような案内を行うのか

顧客に対して送るダイレクトメールについては、製品やサービスの紹介だけでなく割引券も一緒に同封しましょう。なぜならば、利用客にとって割引券は製品やサービスを購入する際の経済的な負担が下がって利用の促進に繋がるからです。

まとめについて

売上を手に入れ続けようとするならば、製品やサービスの利用後も顧客と接点を継続して持たなければなりません。そこで、ダイレクトメールを作成して顧客に送って再び利用を促すと同時にリピーターを養成するのです。

広告募集中