HOME>注目記事>タイミングや配り方でポスティングチラシの効果が変わる

ポスティング 配り方のコツとは

ポスティングしたチラシは目に留まることが最重要課題となります。他のチラシに埋まらない時刻を検討するなどの工夫をすれば見てもらえる確率も上がります。

チラシを配るベストタイミング

  • 連休前の金曜日の昼間に届けて連休中の集客につなげる。
  • 給料日前に配り、給料の使い方の一つに含めてもらう。
  • 業種業界に合わせた繁忙期の前に宣伝を届ける。
  • 夕食時の話題になるよう昼間に配る。
  • 大型連休前に配り時間のあるときに見てもらう。
  • 開催する日の2週間くらい前に届くようにする。
  • 朝の新聞と一緒に取ってもらえるように深夜に入れる。
  • エリアごとにパターンを試して効果のあるものにする。
  • 郵便に埋もれないように郵便配達が終わった後にする。
  • お店の営業時間前に配り当日の来客を期待する。

色んなモノをポストイン

広告

ネットを使った広告や宣伝の方法はターゲットを絞ることなく行えますが、専門業者を活用することでポスティング広告を効果的にする効果測定まで行ってくれます。どれくらいチラシを撒いて効果があるのか、例えば、反響のある地域もあればない地域もあります。時期なども重要であり、そうした統計を取ってくれるのが特徴です。ポストに入るチラシが、消費者に必要か不要かを判断できる方法にもなり得ます。また、ポスティングはチラシのみならず、ポケットティッシュなどの販促ツールも投函できます。いわゆるポストに入るものなら請け負うため、事業内容によって賢く活用できます。

求人を出して撒く方法

郵便受け

効率化を図るならば、ポスティングは地域密着型のバイト(業者)を活用しましょう。1軒家やマンションのポストにチラシを投函するのが特徴のポスティングは、企業規模にもよりますが、チラシ1000枚からという気が遠くなる投函になります。今やネットで宣伝できる時代、家がマバラで1軒1軒で時間もかかります。だからこそターゲットはマンションのポストです。1階にまとめて設置、地域をぐるっと回る必要もなく、地域を知り尽くしていれば一気に宣伝できます。しかし、1軒家しかない地域もあるはず、その場合には1枚あたりの単価をアップする求人広告を出すのが望ましいでしょう。地域と単価について業者と相談することで、効率よくポスティングを行うことができます。

広告募集中